LINEモバイル おすすめのMVNO(格安SIM)の口コミを比較

LINEモバイルの申し込み方法を画像付きで詳しく解説

LINEモバイルの申し込み方法を画像付きで解説しています。スマホからでもPCからでも、10分あれば申し込みできますよ。

LINEモバイルの申し込みは公式サイトから

公式LINEモバイル

LINEモバイル、申し込みの流れ

まず公式サイトにアクセス

 

申し込み前の確認の画面になります。申し込みに必要な書類の確認や、申し込みの流れが書いてあるので目を通してください。

(画面で説明があるので必要書類が揃っていれば、申し込みの流れは覚えていなくても申し込みできます)

  • 本人確認書類
  • クレジットカード
  • メールアドレス(キャリアメール以外)
  • MNP予約番号(MNP希望の人のみ)

au/docomo/softbankから転入してくる場合、今まで使っていたアドレスは使えなくなります。他のフリーメールを用意しましょう。もし持っていなくても無料ですぐ作れるので大丈夫。googlegmailが登録も簡単なのでおすすめです。

フリーメールにすると、携帯会社の乗り換えが楽になるので後々楽です。

必要事項に同意の上申し込むボタンを押して申し込みます。

申し込み方法(この画面がない人もいます)

次に申し込み方法を選択します。申し込み方法は2通り。

  • 通常申し込み
  • コードを使用して申し込み

コードを持っていない人は通常申し込みで問題ありません。特に損することはありません。エントリーコード(有料)を購入している人はコードを使用して申し込みをクリック。

キャンペーンコードは公式サイトのキャンペーンの中でたまにキャンペーンコードを入力するものがあるのでその時に使います。(キャンペーン一覧でキャンペーンページを探すとコードが載っていることがあります。)

ちなみにエントリーコードとキャンペーンコードは併用できません。

どちらかを選択して次へ進むをクリック

プラン選択

次にプランを選択します。選べるのは3種類

  • LINEフリー
  • コミュニケーションフリー
  • MUSIC

他社のスマホから乗り換える場合はコミュニケーションフリープランで大丈夫です。データ容量は選べます。3GBが無難。

LINEフリープランは安いですが、データ容量が少なめ。(1GBのみ)LINEくらいしかスマホを使わないと言うライトユーザーか、ルーターと併用する人向け。

MUSIC+は音楽聴き放題サービスがついたプランです。

プランがたくさんあってわからないと言う方はコメントでご相談ください。

SIMサイズを選択

次にSIMサイズを選択します。

SIMのサイズは機種によって異なっているので、自分の持っているスマホにあったサイズのSIMを選ぶ必要があります。

自分の持っているスマホにあったSIMカードがわからないと言うひとはカンタン選択で自分のスマホを選べば、自動的にぴったりサイズのSIMカードが選択されます。

(複数のスマホで使うかもしれない場合は、小さいサイズで注文しておいて、SIMトレーでサイズを変えて入れ替えるのもありです)

オプション選択

次にオプションを選択します。入れるオプションは3

  • 持込端末保障
  • Wi-Fi
  • ウイルスバスター

持込端末保障はスマホの故障に対応してくれるサービス。導入している携帯会社が少ないですが、自社のスマホ以外も保障ってありがたい。申し込みの時しか加入できないので、よくスマホが壊れる人は入っておきたいところです。

後のサービスは利用開始後でも申し込めます。よくわからなかったら申し込まなくて大丈夫。

契約者と利用者の関係の確認など

契約者と利用者が違う場合(例えば、子供のスマホを親名義で申し込んでいる場合など)、入力が必要です。

利用者名と生年月日を入力します。

また、契約内容が書いてある書面を電子交付か書面交付(郵送)か選べます。紙で持っておきたいタイプなら書面交付を選択。電子交付なら紙が減ります。

本人書類のアップロード(不備になりやすいので注意)

本人確認書類をWEB上にアップロードします。
本人確認書類のアップデートで不備になっている人が多いので注意

本人確認書類の写真を撮るときの注意

  • 指で必要事項が隠れないように
  • 電気の光の映り込みに注意

スマホから直接アップデートするのが簡単です。クリックして、写真を撮るアップデートしましょう。

住所や氏名が変わっている場合

通常はオモテ面(顔写真がある部分)のみで大丈夫ですが、引越しや結婚で住所、氏名が変わっている場合は裏面もアップが必要です。

変わっている部分(住所・氏名)を選択し、裏面の写真をアップデートしましょう。
ただし、警察署で住所・氏名変更手続きして裏面に公印が押されている必要があります。

申し込みの時に不備になりやすいポイント

申し込みの時に不備になりやすいポイントは2つ。

  • 本人確認書類がうまく写っていない
  • 住所・氏名が本人確認書類の記載と一部違っている

本人確認書類の写真を撮るときは光が映り込まないよう、隠れないよう注意して撮ってください。

また、氏名の漢字や住所の記載方法がちょっと違う(番地とーの違いなど)ことで不備になることもあるようです。アップロードした本人確認書類と全く同じ記載になるよう気をつけてください。

迷うところは特になし。10分くらいで申し込み完了

画面の説明もわかりやすく、迷うところは特にありませんでした。
住所の入力や本人確認書類のアップロードもありますが、10分くらいで申し込みは完了。

お得なキャンペーンが多いので魅力的な格安SIMです。

公式LINEモバイル

-LINEモバイル, おすすめのMVNO(格安SIM)の口コミを比較

Copyright© MVNO研究所 , 2020 All Rights Reserved.