キャリアでも通信料金を節約する方法【au/ソフトバンク/ドコモ】

ドコモオンラインの機種変更で旧スマホを下取りする流れ。価格は店頭と違うの?

docomo online shop(ドコモオンラインショップ)で機種変更した時の旧スマホ(や旧ガラケー)を「下取りプログラム」を利用して解説しました。

郵送と店頭(ドコモショップ)持ち込みの2種類がありますが、どちらの方がお得なのか、実際にケータイを下取りに出す流れについてもご紹介します。

ドコモで機種変更(MNP)すると下取りプログラムが使える!

下取りプログラムは機種変更や新規契約(MNP)など、ドコモで機種を購入するときに利用できるサービスです。

ドコモオンラインショップの機種変更で下取りプログラムを使う

どんな機種が下取り対象機種?iPhone以外も幅広く下取り対象

下取りプログラムを利用できる機種の一覧はオンラインショップに載っています。

下取りプログラム|キャンペーン|NTTドコモ

iPhoneやiPad以外でも、フィーチャーフォン含め、幅広く下取り対象になっています。

価格は機種によりますが、「中古ショップに出すより高いかも?」という機種も。

下取りの条件はこんな感じ。

  • ドコモが販売したiPhoneの場合、下取り申込みする自回線の機種購入履歴に登録されており、その購入において不備・不正や機種購入代金の未払いがないこと
  • 下取り申込み機種にネットワーク利用制限がかかっていないこと
  • 下取り申込み機種に故障、水濡れ、破損がなく、正常に動作すること
  • 下取り申込み機種に記録されているメモリ/データが消去できること(一切のデータはお客様ご自身の責任で消去していただきます)
  • 改造していないこと
  • お客様が下取り申込み機種の所有権を有していること
  • 電源ボタン・リアカバー・充電口のキャップ・電池・アンテナなど、購入時に本体に付属しているものについて紛失していないこと

いろいろ書いてありますが、普通に使ってて操作できるケータイ(スマホやガラケー)なら下取りしてもらえそうです。

「良品」と「画面割れ品」の2種類なので、画面われてなければ良品って感じのようです。

下取りの方法は「来店持ち込み」と「郵送」の2種類ある

ドコモで下取りしてもらう方法は

  • 「ドコモショップに持ち込んで下取りしてもらう方法(来店持ち込み)」
  • 「下取りキットをセンターに返送して下取りしてもらう方法(郵送)」

の2種類あります。

ドコモオンラインショップの機種変更。郵送と来店どっちがお得?

ドコモオンラインショップで機種変更するときは「郵送」と「来店(※一部不可)」どちらでも大丈夫です。

もう少し詳しくいうと郵送の場合はオンラインショップで機種変更手続きの時に申込、来店の場合は「後日」ドコモショップに持ち込みになります。

注意ポイント

ただし、ドコモオンラインショップで来店の下取りを選ぶときは注意が必要。
機種変更後にドコモショップに持ち込むという流れで、事前に持っていく予定のドコモショップに下取り(買取)可能か確認する必要があります。
また、MNPなどで他社製のスマホを下取りする場合は郵送のみの選択肢になります。

では、郵送と来店それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。

郵送のメリットとデメリット

メリット

  • ドコモショップの店舗に行く手間がはぶける
  • 下取り金額増額キャンペーンがたまにある
  • 後日の郵送なので、データ移行やデータ消去がゆっくりできる

デメリット

  • 郵送なので当日ポイント還元はできない

「下取り価格が1200円下がる」と書いてあるブログがありますが、情報が古いです。

昔は郵送と店舗で下取りの価格差がありましたが、現在は郵送も店舗も下取り価格は同じです。

店舗持ち込みのメリットとデメリット

メリット

  • その場で値段が付くかわかる
  • ポイント還元が早い

デメリット

ドコモショップに出向かないといけない

バックアップをあらかじめすませておく必要があり

ドコモショップに持ち込むと事務手数料2000円かかると書いてあるブログもあったのですが、事務手数料はかかりません。(実際にドコモショップとオンラインショップで確認しました)

機種購入への即時値引きは店頭下取りのみ。郵送下取りは後日dポイント還元。

下取りしてもらった分はdポイントで還元されます

ただし、ドコモオンラインで機種変更する場合は「後日来店持ち込み」か「郵送」の2択。
どちらにしても機種変更する新スマホの本体代金には下取りポイントを充当できません。

「機種変更するときに下取りのポイントで値引きしたい」という方も多いかもしれませんが、即時値引きは店頭下取りのみ。
(店頭持ち込みだと即時dポイントの反映が可能なため)

郵送の場合は旧スマホをセンターに送付した後、後日dポイントで還元されます。

下取りしたdポイントで即時値引きしたい場合は

「下取りしたdポイントで即時値引きして機種変更したい」という場合はドコモショップ(店舗)で機種変更手続きが必要です。(オンラインでは即時値引きは不可)

ただし、ドコモショップは頭金(という名のショップの手数料)と事務手数料で1万円くらいかかってしまうので、結果的に全然安くならない可能性が。
dポイントは後で月額料金にも充当できるので、オンラインショップの方がお得です。

参考ドコモショップの頭金は払ってはいけない。無料の店舗はどこ?

ドコモオンラインショップの場合は即時値引きできませんが、付与されたdポイントを月額料金や分割しているスマホ代に充てることはできるので、実質の割引額は一緒です。

下取りのdポイントはいつつくのか

ドコモショップ(店頭下取り)の場合は下取り、買取可能な場合は即時dポイント還元されます。

郵送下取りの場合、センターに送付されて検品終了後になります。

検品日終了後翌日にdポイント付与。
口コミをみると、ドコモオンラインで下取りに出した時は返送から1週間ちょっとでdポイント付与されてるみたいです。

オンラインショップで問い合わせたときは、混みあってるので2〜3ヶ月後になるかもという回答でした。
(長めに回答しているのかも)

郵送と来店の下取り価格は同じ→オンラインショップで買うなら郵送の方がおすすめ

また、郵送と来店の下取り価格は同じです。

ちょっと前は郵送と来店で1200円の価格差(来店の方が下取り価格高い)があったのですが、今はなくなっています。

下取りって特にやることもないので、オンラインショップで機種変更するなら、郵送の方がおすすめ。
あえてドコモショップに持っていく必要はありません。

キットに入れて返送するなので手続きも簡単です。

オンラインショップでの下取り方法手順【いつ旧スマホを送る?】

オンラインショップで機種変更する場合の下取りプログラムの利用方法のやり方について説明します。

まずは申込。
オンラインショップで機種変更の手続きをしていくなかで、「下取りプログラムを利用する」という欄があるのでそこにチェックします。

そうすると、ドコモから下取りプログラムで旧スマホを返送するキット(下取りキット)が自宅に届きます。
中に入っているのは

  • 申込用紙
  • 手順書
  • 返信用の封筒
  • プチプチ

申込用紙に記入して、旧スマホを入れれば、あとは返送するだけです。
(手順書に丁寧に書かれているのでそんなに難しい部分はないですよ)

ちなみに、申込書に製造番号を書く部分があることがあるのですが、旧スマホ(ガラケー)の設定から見ることができます。
>設定→システム→製造情報→機器の状態→IMEI情報

返送キットが届かない

キットは新しい機種とは別に発送されます。
10日くらいかかることもあるようなので、新しい機種へのデータ移行をしつつ、気長に待ちましょう。

下取りプログラムで旧端末を送るときの返送料は無料。

ちなみに、下取りプログラム(郵送)の送料は無料

返送用の封筒が送られてくるので、旧端末をセンターに送るときはお金は払う必要がありません。
(切手をはったりとかもなし)

下取り価格が同じでも、送料がかかったら送料分損ですもんね。

いらない機種があるなら一緒に下取りも申し込んでみて

いかがでしたか?いらない機種があるなら、オンラインショップで機種変更するときに下取りも申し込んでみてはいかがですか?

公式ドコモオンラインショップ

 

 

 

-キャリアでも通信料金を節約する方法【au/ソフトバンク/ドコモ】

Copyright© MVNO研究所 , 2020 All Rights Reserved.